ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ


ex.EXTREMEの鬼才、ヌーノ・ベッテンコートによる新バンド。 2003年のPOPULATION 1名義でのツアーに参加したメンバーを中心に結成された4人組DramaGods=ドラマゴッズ。

メンバー
Nuno Bettencourt (Vo, Gu)
Joe Pessia(Ba)
Steve Ferlazzo(Key)
Kevin Figueiredo(Ds)

アーティストデータ
オフィシャルページ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

DramaGods 1st Album
『Love』
VICP-63136
発売日:2005/12/16
ヌーノ本人による全曲解説は
コチラ

 インフォメーション
 来日密着!
最新のコメント
青春時代を取り戻せました..
by 空港の仕事 at 02:39
“LOVE”・・・最後は..
by mb at 13:04
LOVEの次は?ずっと待..
by nano at 20:16
スタッフのみなさん、ご苦..
by mb at 14:58
WE LOVE LO..
by hayaisako at 09:44
最新のトラックバック
Always Let M..
from 1-kakaku.com
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
Dragon Ash /..
from なんとなくやる
アウトドアギターを紹介さ..
from アウトドアギターの地球弾き語り
以前の記事
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


これからのDramaGods! スティーブ編
Sフォー:これからのDramaGodsは、どうなっていくと思います?

スティーブ:僕もバンドのメンバーもみんな、どこまでできるかとことん突き詰めたいと思っているよ。曲作り、アルバム作り、ライブで、お互いの個性を引き出し合い、取り混ぜて熟成させるのに、外面的にも内面的にも、相当多くの時間を費やした。だからこそ、アルバムを聴いてくれる人たちにそのことを感じて取って欲しいし、できるだけ多くの人たちの魂に触れたいと思っている。日本でもヨーロッパでもアメリカでも、世界中どこでも聞いてくる人たちに対してそう思っている。

Sフォー:それはスティーブにとっての目標にもつながりますか?

スティーブ:そうだね!もちろんみんな個々の目標はあるけど、バンドとしては俺たち一人一人がバンドの代表で、一つのユニットだ。一つの声で話す。各メンバー、バンド外でそれぞれプロジェクトを持っているけど、主な焦点はこのDramaGodsなんだ。
[PR]
by dramagods | 2006-03-11 08:14 | インタビュー
<< これからのDramaGods!... DramaGodsからDram... >>

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム