ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ


ex.EXTREMEの鬼才、ヌーノ・ベッテンコートによる新バンド。 2003年のPOPULATION 1名義でのツアーに参加したメンバーを中心に結成された4人組DramaGods=ドラマゴッズ。

メンバー
Nuno Bettencourt (Vo, Gu)
Joe Pessia(Ba)
Steve Ferlazzo(Key)
Kevin Figueiredo(Ds)

アーティストデータ
オフィシャルページ

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

DramaGods 1st Album
『Love』
VICP-63136
発売日:2005/12/16
ヌーノ本人による全曲解説は
コチラ

 インフォメーション
 来日密着!
最新のコメント
青春時代を取り戻せました..
by 空港の仕事 at 02:39
“LOVE”・・・最後は..
by mb at 13:04
LOVEの次は?ずっと待..
by nano at 20:16
スタッフのみなさん、ご苦..
by mb at 14:58
WE LOVE LO..
by hayaisako at 09:44
最新のトラックバック
Always Let M..
from 1-kakaku.com
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
Dragon Ash /..
from なんとなくやる
アウトドアギターを紹介さ..
from アウトドアギターの地球弾き語り
以前の記事
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログ・スタッフからみたDramaGods その3
前回の証言も読んでいただけたかと思いますが、今回の証言もなかなか生々しいことになっているかと思いますが、是非コメントなど頂ければと思います!

それでは、3Jによる第2弾の証言、行かせていただきます!

3)メンバーの印象

DramaGodsの他の面々に会ったのは、出迎えの成田空港での事でした。第一印象は、
ジョー・・・お、何かこの人は大人だな、きっと
ケヴィン・・・お、群を抜いて若いね、この人
スティーヴ・・・お、結構昔のミュージシャンっぽい雰囲気だな
という感じでしょうか。

お付き合いしていくうちに、まあ、第一印象のときと比べて当たらずも遠からずな印象ですよね、きっと。ジョーは物静かであまり自分を押し出していくタイプではないのですが、とてもファニーなジョークセンスの持ち主(と言うか、このバンドの全員がそうです/笑)で、あまり顔色を変えずにこっそりジョークを言い、こっそり笑う姿がナイスでした。

ケヴィンは、一緒にお寿司を食べに行った時に、「すーごくすーごく、美味しい!」と子供のように笑っている姿がとても印象的で。バンドの中では最年少で、無邪気さも残っていますが、でもそのドラミングと同じくしっかりとした考えの持ち主。

スティーヴも、やはり笑顔が印象的。この人の場合は他の人に比べてもうちょっと豪快に笑います(笑) しかし逆に長年のキャリアがなせる冷静さ、聡明さも印象に残っています。彼と食事の時に日本の文化に関する話をしたことがありましたが、その際彼が持つ、日本に対するリスペクトの気持ちとその解説(日本人は実に丁寧で礼儀正しい文化を持っている。時にそれは奇異に映るかもしれない、僕らはガシッと握手する一方で、日本人はペコペコしているんだからね(笑) でも彼らが持っているその習慣を僕は凄くリスペクトしている、と言った内容の話でした)を聞いた時は、何かお互い凄く優しい気持ちになれたような、そんな瞬間でしたね。

4)初ライブの感想

正直に言います。僕はDramaGodsのライヴを見るのが初めてでしたが、「こんなもんじゃない」と思いましたね。DramaGodsはまだまだやれる、もっとやれる、もっといいショウを見せられる、と。

勿論、個々の実力は存分に発揮されていましたし、曲の構成もきちんと練り上げられていて、全体的な完成度も相当なものでした。けど、「文句なし、パーフェクト!」とは言えません。それは決して機材トラブル等のせいではありません。具体的にここがダメだった、と言う指摘よりも、これは"フィーリング"なんですよね。ライヴに行くという事は、CDにはおよそ収めきれない、その場にいないと味わえない感覚を得ること、が肝要だと思うんです。そういう意味では、僕の感覚は完全に満たされなかったし、それでよかったと思います。

これは人によって感じ方は違うと思うので、「完璧に満足です!」と言う人の意見にも、僕は素直に頷けます。しかし、担当の僕はここで一緒に「完璧です!」とは決して言えません。

あの時点でやれることの全てを出し切っていて、そういう意味では実に心揺さぶられたし、大いに感動しました。でも次のパフォーマンスはもっと凄いことになる、そう確信しています。


さて、今日の写真は私最大の自信を持つ一枚。さて、誰でしょうか・・・?
f0053118_14421723.jpg


ビクター担当 "3J"
[PR]
by dramagods | 2006-03-24 14:56 | 来日密着!
<< ある日の雑談その6  日本に来... ある日の雑談その6  日本に来... >>

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム