ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ


ex.EXTREMEの鬼才、ヌーノ・ベッテンコートによる新バンド。 2003年のPOPULATION 1名義でのツアーに参加したメンバーを中心に結成された4人組DramaGods=ドラマゴッズ。

メンバー
Nuno Bettencourt (Vo, Gu)
Joe Pessia(Ba)
Steve Ferlazzo(Key)
Kevin Figueiredo(Ds)

アーティストデータ
オフィシャルページ

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

DramaGods 1st Album
『Love』
VICP-63136
発売日:2005/12/16
ヌーノ本人による全曲解説は
コチラ

 インフォメーション
 来日密着!
最新のコメント
青春時代を取り戻せました..
by 空港の仕事 at 02:39
“LOVE”・・・最後は..
by mb at 13:04
LOVEの次は?ずっと待..
by nano at 20:16
スタッフのみなさん、ご苦..
by mb at 14:58
WE LOVE LO..
by hayaisako at 09:44
最新のトラックバック
Always Let M..
from 1-kakaku.com
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
Dragon Ash /..
from なんとなくやる
アウトドアギターを紹介さ..
from アウトドアギターの地球弾き語り
以前の記事
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


DramaGodsブログをご覧の皆様!!
皆様

こうして文面を載せるのが適切かどうかは分かりませんが、皆様の熱き思い、応援してくださる気持ち、そして何よりDramaGodsの素晴らしさを愛し、共有しあう気持ちに促され、感謝の意味も込めてこうして文面を残したいと思います。

いつもこのブログ及びDGを応援してくださって、本当にありがとうございます。このブログは僕たちビクターの人間とExciteのTOさん、そしてSフォー★さんが中心になっての話し合いからアイディアが深まり、バンド側の快い協力も得て立ち上がったものですが、「この素晴らしい音楽を皆さんと共有したい」という思いこそが、このブログをここまでのものにしていると思うわけです。

勿論、僕らもここを運営する担い手として、野放し、放ったらかしにするつもりは無く、日本のファンの皆様への公的な窓口として、機能させてきたつもりですし、これからもそうするつもりです。

今伝えたいのは唯一つ、これからもDGを愛し、応援してくださいということ。そしてそういう皆さんに対して、DGの魅力をより一層伝えるための精一杯のことをやっていきます、ということです。様々なご指摘・ご意見いただきながら、バンドの成長と共に、スタッフも成熟し、よりDGと皆様とのつながりを深める様々な場を提供していこうと思います。

ここで皆さんにお伝えできることを現在もバンド側と協議・調整していますが、そこでは必ず!DramaGodsメンバーからのコメントがフィーチャーされる、と思ってください!!何より、皆さんが待っているのはそれだと信じ、明るい声を聞かせてくれるのを僕も楽しみにしていますので、もうしばし、お待ちくださると嬉しいです!

今後も、引き続きよろしくお願いいたします m(_ _)m

ビクター担当 "3J"
[PR]
by dramagods | 2006-04-24 14:33 | インフォメーション
<< 契約書! DGが大好きだぁ〜!編 Sフォー★&スタッフ 夏に向け... >>

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム