ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ


ex.EXTREMEの鬼才、ヌーノ・ベッテンコートによる新バンド。 2003年のPOPULATION 1名義でのツアーに参加したメンバーを中心に結成された4人組DramaGods=ドラマゴッズ。

メンバー
Nuno Bettencourt (Vo, Gu)
Joe Pessia(Ba)
Steve Ferlazzo(Key)
Kevin Figueiredo(Ds)

アーティストデータ
オフィシャルページ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

DramaGods 1st Album
『Love』
VICP-63136
発売日:2005/12/16
ヌーノ本人による全曲解説は
コチラ

 インフォメーション
 来日密着!
最新のコメント
青春時代を取り戻せました..
by 空港の仕事 at 02:39
“LOVE”・・・最後は..
by mb at 13:04
LOVEの次は?ずっと待..
by nano at 20:16
スタッフのみなさん、ご苦..
by mb at 14:58
WE LOVE LO..
by hayaisako at 09:44
最新のトラックバック
Always Let M..
from 1-kakaku.com
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
Dragon Ash /..
from なんとなくやる
アウトドアギターを紹介さ..
from アウトドアギターの地球弾き語り
以前の記事
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


関係者から見たDramaGods その5の1
今回は、中村美夏さんにヌーノとの出会いからDramaGodsに至るまでを聞いてみました。身近にいた中村さんだからこそ言える話など・・。ヌーノの人物像が解るブログは他に無いでしょう~!(笑) Sフォー★

Sフォー:最初にヌーノにあったのはいつですか?その時の印象は?

中村さん:一番最初に会ったのはエクストリームの時です。それは、雑誌の取材での通訳を頼まれて、メンバー全員いるという事で部屋に入ったんですけど、ヌーノだけが寝ていたんです。それは、鮮明に覚えていますね。「なんじゃ、こいつ・・」みたいな感じで。他の3人は「やぁ~!」って迎えてくれたんですが、ヌーノだけがソファに横になって寝ていました。(笑)寝ているといっても熟睡ですか?て感じでしたね。でも、その前も取材が入っていたから、「その間どうしていたんだろう」て気になって。で、インタビューが始まったらモソ~っと起きて来て・・・でも喋らなかったですね。それが、始めての出会いです。だから、第一印象は最悪でした(笑)
それから、ちゃんと会ったのは、モーニング・ウィドウズの2枚目の時で横浜のBAYホールのときです。それで、彼の通訳として就いたのはポピュレイション1 からです。このライブがすごく良かったですね。それを見て、この人はすごい才能があるんだなと改めて再認識しました。実際接してみると、人間的にも優しい人だし、情熱的な人だし、自分のやっていることに真剣で、自分の信じている事には一生懸命な人ですね。いい意味で他人に任せられない人ですが・・、でも周りもそれを求めているんだと思いますね。そのライブから、本当にいい関係でのお仕事をさせて頂いています。
[PR]
by dramagods | 2006-05-20 13:01
<< 関係者から見たDramaGod... 証言!! 噂のベッテンコート・... >>

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム