ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ


ex.EXTREMEの鬼才、ヌーノ・ベッテンコートによる新バンド。 2003年のPOPULATION 1名義でのツアーに参加したメンバーを中心に結成された4人組DramaGods=ドラマゴッズ。

メンバー
Nuno Bettencourt (Vo, Gu)
Joe Pessia(Ba)
Steve Ferlazzo(Key)
Kevin Figueiredo(Ds)

アーティストデータ
オフィシャルページ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

DramaGods 1st Album
『Love』
VICP-63136
発売日:2005/12/16
ヌーノ本人による全曲解説は
コチラ

 インフォメーション
 来日密着!
最新のコメント
青春時代を取り戻せました..
by 空港の仕事 at 02:39
“LOVE”・・・最後は..
by mb at 13:04
LOVEの次は?ずっと待..
by nano at 20:16
スタッフのみなさん、ご苦..
by mb at 14:58
WE LOVE LO..
by hayaisako at 09:44
最新のトラックバック
Always Let M..
from 1-kakaku.com
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
Dragon Ash /..
from なんとなくやる
アウトドアギターを紹介さ..
from アウトドアギターの地球弾き語り
以前の記事
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヌーノのユーモアセンスのレベルは?
みなさん、こんにちは。
今日は、ヌーノのユーモアセンスについて話しましょう。
お茶目な、いたずら好きヌーノ様。前回の来日でも、留まる事もなく発揮しておりました。
例えば、私なんかは写真撮影をしていた時(サウンド・チェックの時)、ギターを弾いているヌーノのアップを撮ろうと思って、ステージ前まで行ったんですよ。そしてカメラを向け1枚パシャ!そしたら、カメラの前に手を出し、スゴイ剣幕でいきなり『NO!』と叫び、演奏を中断したヌーノ。すかさず「ソ〜リィ〜」と言ったのですが、沈黙が続いて、「ヤ・ヤバイ・・・、どうしよう〜。怒らせちゃった・・・」と思い、パニック状態のまま何が起きたか分からない私を見てメンバーがいきなり笑い出し、ヌーノが「フフッ(鼻で笑うかの様に)、ジョークだよ。」って。。。。「???・・・」と、私はしばらく硬直し笑えませんでした。(その後、「あれはヌーノ流歓迎ジョークだからね。気にしないでね。」とジョーになだめられました。)それを、中村美夏さんに話したところ↓

『洗礼を受けたんだね(笑)。まあ、相変わらず冗談はきついですからね〜。お茶目ないたずら好きなので、私が言うのも変ですが、仲良くさせて頂いているのも、彼のそう言ったユーモアが分かるからかも知れませんね。多分、ユーモアのレベルが近いんでしょうね(笑)。なんか、世界的にもヌーノのジョークを分かってくれる人が少ないらしく、「何、言ってるんだ、こいつ!」見たいな顔で見られているらしいんですよね。彼のインタビューやステージでのやり取りとでも、どこまでが冗談でどこまでが本気かの見極めが難しいんですよ。たまに、こっちが真剣に訳していると、最後に「今の冗談だからね〜」って、勝ち誇ったような笑いをするときがあったり、その逆もあったりと。だから、慣れないと難しいですよ。真面目な時は真面目にきちんと伝えてあげたいですからね〜』

結局、話は止まらず、この後、「ヌーノの言葉を訳すとき・・」に流れて行きました。
この話は、次回にアップします。お楽しみにね!

by Sフォー★
[PR]
by dramagods | 2006-06-10 16:49 | 雑談
<< 『Love』来日記念盤、発売延... ヌーノがうどん(天ぷら)にハマった日 >>

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム