ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ


ex.EXTREMEの鬼才、ヌーノ・ベッテンコートによる新バンド。 2003年のPOPULATION 1名義でのツアーに参加したメンバーを中心に結成された4人組DramaGods=ドラマゴッズ。

メンバー
Nuno Bettencourt (Vo, Gu)
Joe Pessia(Ba)
Steve Ferlazzo(Key)
Kevin Figueiredo(Ds)

アーティストデータ
オフィシャルページ


DramaGods 1st Album
『Love』
VICP-63136
発売日:2005/12/16
ヌーノ本人による全曲解説は
コチラ

 インフォメーション
 来日密着!


2006年 04月 03日 ( 1 )
関係者から見たDramaGodsその1
さてさて、来日決定のニュースから少し間を置いてしまいましたが、勿論このブログはまだまだ先を見て、進んでいきますので、どうぞこれからも宜しくお願いいたします!!

さて、今回は、前回DramaGods来日時に様々な形で関わった関係者からの証言、をここで披露します。どうぞ楽しんでくださいね。

ビクター・エリアプロモーター大阪地区担当:TYの証言

(今回プロモーションで大阪に行ったのはヌーノだけだったので、彼への印象を中心としています。)

1.メンバー(ヌーノ)に対する印象は?
 →ヌーノは凄く礼儀正しいけど、ユーモアセンスもあって。タワーレコードでのイベントの最中に、MCをやっていた営業担当の喋りを真似て、まるでリバーヴが掛かっているような「日本語まね芸」で会場を沸かせていたのが、面白かったですね。あれだけ実績もあって凄いミュージシャンなのに、僕らスタッフにもとても気さくでフレンドリーに接してくれたのが、嬉しかったですね、
 例えば会社内や、ラジオ出演した際の周りのスタッフからも「かっこいい~」「あの目に吸いこまれそう~」と黄色い声が飛んでました。

2.まだ表に出てきていない裏話は?
 →一度会社の大阪営業所に挨拶回りに来た時、電話中だった課長の後ろから抱き着いて「ホントに仕事の電話してるのかっ?」なんて冗談を言っていたのが印象的でした(あれ、課長ビックリしただろうな/笑) 

3.ドラマゴッズの良さ
 →一言で言うと、「温故知新」。過去の事実を研究し、そこから新しい知識・見解を得る、と言う意味ですが、この言葉はドラマゴッズのサウンドに当てはまることなのではないでしょうか。ベテランらしい音楽的博学さと、昨今の音楽にまつわるモダンなポップ・センスとの融合に成功したのが、この『Love』アルバムなんじゃないかなと。まだまだ落ち着かず、色んな可能性を見せてほしいと思いますよ。

ビクター担当 "3J"
[PR]
by dramagods | 2006-04-03 18:12 | 来日密着!

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム