ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ


ex.EXTREMEの鬼才、ヌーノ・ベッテンコートによる新バンド。 2003年のPOPULATION 1名義でのツアーに参加したメンバーを中心に結成された4人組DramaGods=ドラマゴッズ。

メンバー
Nuno Bettencourt (Vo, Gu)
Joe Pessia(Ba)
Steve Ferlazzo(Key)
Kevin Figueiredo(Ds)

アーティストデータ
オフィシャルページ

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

DramaGods 1st Album
『Love』
VICP-63136
発売日:2005/12/16
ヌーノ本人による全曲解説は
コチラ

 インフォメーション
 来日密着!


2006年 09月 27日 ( 1 )
関係者から見たDramaGods その6 
みなさんこんにちは。
ヌーノへの誕生日のお祝い書き込み有難うございました。
沢山のコメントが寄せられてる事はメンバーにも伝えました。
有り難うございます。
さて、今日は対談シリーズの最終章。中村美夏さんとのこぼれ話です。
面白いお話を漏らす事なくまとめていきます。

『通訳について』
前回も書きましたが、ヌーノのユーモアセンスは高水準。その通訳、対訳について。。
中村さん:通訳の場合は、ヌーノの性格に合わせた訳になるように心がけています。ヌーノ自身が、人を楽しませたり、笑わせたりするのが好きなので。。ファンの方の中には「もう少しちゃんと訳してよ!」って思う方もいると思うのですが、彼が大切にしているユーモアの雰囲気がみなさんに伝わればと思います。
Sフォー:アットホームな感じが伝わって。中村さんの訳って、本当に彼らしい言葉だなっていつも思います。彼が日本語を話したらそんな感じだ〜って。(笑)
中村さん:今のヌーノの言いたい事がそのまま伝わればと思いますね。話してる時はぶっつけ本番なので、色々大変なこともありますが。。。(笑)。でも、私も楽しんで訳させてもらってます。

明日は『LOVEの対訳について』です。

by Sフォー★
[PR]
by dramagods | 2006-09-27 11:03 | 雑談

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム