ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ


ex.EXTREMEの鬼才、ヌーノ・ベッテンコートによる新バンド。 2003年のPOPULATION 1名義でのツアーに参加したメンバーを中心に結成された4人組DramaGods=ドラマゴッズ。

メンバー
Nuno Bettencourt (Vo, Gu)
Joe Pessia(Ba)
Steve Ferlazzo(Key)
Kevin Figueiredo(Ds)

アーティストデータ
オフィシャルページ


DramaGods 1st Album
『Love』
VICP-63136
発売日:2005/12/16
ヌーノ本人による全曲解説は
コチラ

 インフォメーション
 来日密着!
最新のコメント
青春時代を取り戻せました..
by 空港の仕事 at 02:39
“LOVE”・・・最後は..
by mb at 13:04
LOVEの次は?ずっと待..
by nano at 20:16
スタッフのみなさん、ご苦..
by mb at 14:58
WE LOVE LO..
by hayaisako at 09:44
最新のトラックバック
Always Let M..
from 1-kakaku.com
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
Dragon Ash /..
from なんとなくやる
アウトドアギターを紹介さ..
from アウトドアギターの地球弾き語り
以前の記事
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧
【決定!!】遂に遂に遂に・・・再来日!!!
皆さん、ようやくこのアナウンスが出来ることを、僕も大変嬉しく思います。

再来日が決定しました。

UDO MUSIC FESTIVAL 2006という、この夏行われる最大級のロック・フェスティバルに、
ヌーノ・ベッテンコートの名義で出演します。他にもSANTANAやJEFF BECKなど、偉大なギタリストたちが居並ぶ中での、堂々たる参加決定となりました。

と、これだけの情報ですと
「え、他のDramaGods のメンバーはどうなるの?」
「一体どういう曲をプレイするの?DramaGodsの曲は演奏しないの?」

というような疑問質問が湧いてくるのは、当然ですよね。
とは言え、このブログであやふやなことを言いたくはありませんので、ハッキリした段階でまた速報としてお伝えいたしますので、そのアナウンスを楽しみにお待ちください。

このフェスティバルに関する詳細は、以下のアドレスにアクセスしてご覧ください。
udofes.jp

出演日・順番など、詳細はまた後日お伝えします!!

ビクター担当 "3J"
[PR]
by dramagods | 2006-03-31 18:44 | インフォメーション
DramaGods露出情報!!
DramaGodsの更なる露出情報をお届けします。
是非皆さんチェックしてみてください!

(雑誌)
Rockin' f Vol.20  4月14日発売 
春の対談スペシャル!!という企画に、ヌーノと、日本のロック・バンドJanne Da Arcのギタリスト、Youさんとの対談が実現しております。

Youさんはギタリストを志す時からヌーノを「憧れの存在」としていまして、今や大成功を収めたバンドのギタリストとしてプレイするYouさんの、ヌーノに対するストレートな気持ちを込めた話にヌーノも興味津々。非常に興味深い対談となっています。

(携帯Web)
ロックの魂 DramaGods着ボイス配信スタート!

メンバー全員分の着ボイスをダウンロードできます。これらをゲットする場合は「ロックの魂」会員規約に同意頂き、入会する必要がございます。
※月額315円/15ポイント

<アクセス方法>
以下のQRコードから、アクセスが可能です。もしくは、以下のアドレスでも詳しい案内が掲載されております。
http://www.square-enix.co.jp/mobile/melody/rokutama/
※お使いの携帯電話の機種によってはご利用いただけない場合もございます旨、ご了承くださいませ。

f0053118_16112274.jpg

ビクター担当 "3J"
[PR]
by dramagods | 2006-03-30 16:11 | インフォメーション
春よ来い! DramaGods 早く来い! 
皆さん、こんにちは。Sフォー★です。気持ちのいい季節がやってきましたね。
いつも、多くのアクセス、書き込み本当に有難うございます。
3Jさん、TOさんのブログスタッフによる連載コメントいかがですか? 
もちろん、私からのコメントもアップしますので、お楽しみ〜。

いよいよ、夏に向けて DramaGods & DramaLog も正念場です!
3Jさんからのコメントのように、残念ながら夏フェスがまだ未定というファンのみなさんの期待を裏切るような形の今の現状ですが、一番心が落ち着かないのはメンバー本人達だと思います。そこで、皆さんの協力を頂きたいと思います。皆さんの声をメンバーに伝えたい!と考えています。今、急ピッチで準備しているので、力を溜めて待っていて下さいね。サポート宜しくお願いします! 絶対、日本に来てもらいますよ!!

そのパワーの源になるように、私からも秘蔵の写真を! この写真は、DramaLog の為に時間をもらった取材模様です。別アングルから撮ったヌーノです。
f0053118_9533140.jpg
f0053118_9542161.jpg

[PR]
by dramagods | 2006-03-29 09:41
ブログ・スタッフからみたDramaGods その5
再び、ビクター担当"3J"です。今回も、スタッフから見た裏話的話題で、お届けしていきたいと思います!

5)今回の来日のおもしろ裏話

面白いことなんて、何も起こってません。。と言いたいところですが、決してそんな
ことはなく(笑)、色々ありました!!まあ今まで写真だったりコメントだったり、
色々な所で披露してきましたが、このトピックへの僕からの回答は
「ただいま発売中のBURRN!4月号のこぼれ話を読んでください」じゃダメですかね?(笑)
ほんと、あそこに書いてあることは偽りの無い真実のみです!!
面白いと思えるネタは、あそこに詰まってます、とこれを読んでいる方々は
既にチェック済みですよね、失礼いたしました(苦笑)

6)ドラマゴッズの担当になって良かった事。

なぁんにもないです。ちょっとだけボストン・レッドソックスが好きになった、くらいですかね。

なんて、ヌーノ的発想を真似て回答をしてみましたが、面白くないですね、すみません(苦笑)

4人の素敵なミュージシャンたちと巡り会えた事自体がとても「良かった」事なんで
すが、正直に言いますと、良かった事以上に大変な事、苦労する事の方が圧倒的に多
いですよ。多くの時間を割き、体を酷使し、無い頭を振り絞ってアイディアを練り、
しかも文化も言語も違う人達と渡り合うわけですから・・・。長い目で見れば、それ
は僕の人生にとってプラスの材料となるべき「大きな糧」なのでしょうが、真っ只中
にいる自分にとっては、素直に「良いよなぁ」なんて、とてもとても言えません。

凄く生々しい発言になってしまい恐縮ですが、本当にそうだと思います。僕も彼らも、
単に趣味でやっている、友達間隔でやっている、と言うわけではないですから。意見
の食い違い・衝突を乗り越えて、渋谷クラブクアトロ公演が終了した時、ショウが
終わったばかりのメンバーたちと握手して、「ああ、報われたかな」と思うのも束の間、
また次なる展開が待っているわけですからね。。

でも、その一瞬の「報われたな」という満足感は、何物にも代え難いです。だから、
この仕事を続けていけるのかもしれません。そういう一つ一つのターニング・ポイン
トがあって、決意を新たに頑張っていけるのかなと、思いますよ。

7)DramaGodsの今後の予定

これこそが、皆さん大いに気になっていることと思いますが、正直に言いますと、現時点で「夏の再来日」および、「Web販売されていたEPの日本盤発売」は決定しておりません。色んな所で噂も立っていますが、現時点ではこのようにコメントせざるを得ないこと、了承ください。

勿論、何にもしていないかと言いますと、そういうことではありませんので、次なる展開を楽しみにしていただければと思います。

一つ言えるのは、「皆さんの応援なくしては、DramaGodsの明るい未来はない!!」ということです!!これからもDramaGods及びこのブログを、大いに盛り立てていってくださいませ!

ビクター担当 "3J"

PS. 写真は、ライヴのアンコール時にバナナを投げるヌーノ(爆笑)
f0053118_11593295.jpg

[PR]
by dramagods | 2006-03-28 12:00 | 来日密着!
ブログ・スタッフからみたDramaGods その4
みなさんこんにちは。エキサイト担当”TO”です。
本日は私、エキサイト担当”TO”から見たDramaGodsの続きをお送りいたします。

まずはライブの感想からです。正直な話、ヌーノのライブを見るのは今回が初めてでした。エクストリーム時代は地元におり、見たくても見えない状態でスリーサイズツアーの様子は当時ミュージック・ライフ誌でその模様を眺めているだけでした。
初めて聞く生のヌーノの歌声は力強く、よくこんなギター弾きながら歌えるな~というのが第一印象でした。演奏のほうはすばらしくやっぱり、CDで聞くよりもライブだな~と思っていたのですが、3Jさんもおっしゃるとおり、まだまだこんなもんじゃない!とも感じさせられました。今回のライブは、ツアーでいえば初日のライブです。長いツアーを経てさらに完成した演奏を聴きたい!そう思わずにはいられないライブでした。

前回の書き込みにコメントをくださった皆さん、ありがとうございます!ユーザーのみなさんの反応がすぐに返ってくるととても励みになります!それこそが僕がインターネットの仕事をしている理由なので。
さて、今回は僕からも秘蔵?写真を。

f0053118_12411395.jpg

ESPホールでのライブが終了し、BlackLabel(黒ラベルです!)を味わうジョー。


by エキサイト担当"TO"
[PR]
by dramagods | 2006-03-27 12:43
ある日の雑談その6  日本に来たらやりたいこと!その3
Sフォー:今回はかなり過密なスケジュールでしたよね。

スティーブ:確かに、全然時間ないよ。着いたその翌日にショーをやって、たくさんのプレスインタビューもしたし—でも、これはこれですごくよかったと思っているよ。かなり凝縮されたスケジュールだったから、次回は是非何日かオフを取ってショッピングしたいな!

Sフォー:日本でオフの時間があったら何をしたいですか。

ステォーブ:確かブートレッグで有名なエリアがあるだろ〜(笑)。そこに行ってみたいし、六本木にも行きたいな。いっぱいクールなところがありそうだよね。それから大好きなクラブで、ロック・ロックやメキシカンクイーンなどで楽しみたいね(笑)。街を歩きたいよ。
[PR]
by dramagods | 2006-03-26 21:34 | 雑談
ある日の雑談その6  日本に来たらやりたいこと!その2
Sフォー:今度、日本に来た時にやりたい事は?

ケヴィン:寿司!寿司をいっぱい食べたい〜(笑)。
やっぱり、日本で食べるのが一番おいしいからね。世界中どこを探してもないよ、こんな美味しいものは・・・。
あと時間があったら、いろんなところをまわって日本建築を見たいと思う。本当に素晴らしいと思う。また、アメリカも地方によって、違う文化があるように、日本国内でもそうなのか自分の目で確かめたい。とにかく日本にもっと、もっと触れたいね〜。
あ、それからショッピングもしたいなぁ。すごくクールな服があると思うから。
[PR]
by dramagods | 2006-03-25 13:50 | 雑談
ブログ・スタッフからみたDramaGods その3
前回の証言も読んでいただけたかと思いますが、今回の証言もなかなか生々しいことになっているかと思いますが、是非コメントなど頂ければと思います!

それでは、3Jによる第2弾の証言、行かせていただきます!

3)メンバーの印象

DramaGodsの他の面々に会ったのは、出迎えの成田空港での事でした。第一印象は、
ジョー・・・お、何かこの人は大人だな、きっと
ケヴィン・・・お、群を抜いて若いね、この人
スティーヴ・・・お、結構昔のミュージシャンっぽい雰囲気だな
という感じでしょうか。

お付き合いしていくうちに、まあ、第一印象のときと比べて当たらずも遠からずな印象ですよね、きっと。ジョーは物静かであまり自分を押し出していくタイプではないのですが、とてもファニーなジョークセンスの持ち主(と言うか、このバンドの全員がそうです/笑)で、あまり顔色を変えずにこっそりジョークを言い、こっそり笑う姿がナイスでした。

ケヴィンは、一緒にお寿司を食べに行った時に、「すーごくすーごく、美味しい!」と子供のように笑っている姿がとても印象的で。バンドの中では最年少で、無邪気さも残っていますが、でもそのドラミングと同じくしっかりとした考えの持ち主。

スティーヴも、やはり笑顔が印象的。この人の場合は他の人に比べてもうちょっと豪快に笑います(笑) しかし逆に長年のキャリアがなせる冷静さ、聡明さも印象に残っています。彼と食事の時に日本の文化に関する話をしたことがありましたが、その際彼が持つ、日本に対するリスペクトの気持ちとその解説(日本人は実に丁寧で礼儀正しい文化を持っている。時にそれは奇異に映るかもしれない、僕らはガシッと握手する一方で、日本人はペコペコしているんだからね(笑) でも彼らが持っているその習慣を僕は凄くリスペクトしている、と言った内容の話でした)を聞いた時は、何かお互い凄く優しい気持ちになれたような、そんな瞬間でしたね。

4)初ライブの感想

正直に言います。僕はDramaGodsのライヴを見るのが初めてでしたが、「こんなもんじゃない」と思いましたね。DramaGodsはまだまだやれる、もっとやれる、もっといいショウを見せられる、と。

勿論、個々の実力は存分に発揮されていましたし、曲の構成もきちんと練り上げられていて、全体的な完成度も相当なものでした。けど、「文句なし、パーフェクト!」とは言えません。それは決して機材トラブル等のせいではありません。具体的にここがダメだった、と言う指摘よりも、これは"フィーリング"なんですよね。ライヴに行くという事は、CDにはおよそ収めきれない、その場にいないと味わえない感覚を得ること、が肝要だと思うんです。そういう意味では、僕の感覚は完全に満たされなかったし、それでよかったと思います。

これは人によって感じ方は違うと思うので、「完璧に満足です!」と言う人の意見にも、僕は素直に頷けます。しかし、担当の僕はここで一緒に「完璧です!」とは決して言えません。

あの時点でやれることの全てを出し切っていて、そういう意味では実に心揺さぶられたし、大いに感動しました。でも次のパフォーマンスはもっと凄いことになる、そう確信しています。


さて、今日の写真は私最大の自信を持つ一枚。さて、誰でしょうか・・・?
f0053118_14421723.jpg


ビクター担当 "3J"
[PR]
by dramagods | 2006-03-24 14:56 | 来日密着!
ある日の雑談その6  日本に来たらやりたいこと!
Sフォー:今度、日本に来た時にやりたい事は?

ジョー:う〜ん。沢山あるけど・・・。
日本ですごーくやりたいことは、ヌーノも好きなんだけど、日本の野球ゲームをイッパイ観たい!一つのチームだけ応援しているわけではないけど色々知っているよ〜。
中日ドラゴンズ、阪神タイガーズとか…。 中日ドラゴンズはね、もう大分前だけど、僕の大好きなボストン・レッドソックスとエキシビション・ゲームをやったんだよ。今や日米の野球選手の行き来が盛んで、それぞれの国で活躍しているよね。
<カメラマンさんにマリーンズのキーホルダを見せられて>
それ何??! 
<駆け寄るジョー(笑)。カメラマンさん、大笑い。>
マリーンズだね!クール!とにかく野球が大好きなんだ!!日本にゆっくり観戦しに来たいよ〜!

Sフォー:じゃ〜、次が楽しみですよね!それか、オフをとって野球観戦来日するとか、夏前に来るのもありかもですよ(笑)。そして野球観戦で創造力の充電をして夏フェスに望んでもらって・・・(笑)。

ジョー:グッド・アイデアだね〜(笑)。まったくそうだよ。もちろん音楽は僕らの人生だけど、時にはそういうことも必要だね。とにかくリラックスして、自分が大好きなものをエンジョイして、自分がエンターテインするのでなくエンターテインしてもらう、楽しませてもらうのもすごくいいよね。うん、それは大切な事だよ。<納得のご様子(笑)>どうも有難う!
[PR]
by dramagods | 2006-03-23 08:15 | 雑談
ブログ・スタッフからみたDramaGods その2
こんにちは!今日は少し趣きを変えまして、タイトルの通りスタッフによる証言、と言う形で「DramaGods」と言うバンドの魅力・素性(?)をお伝えしていければと思っています。その2、は私ビクター担当の"3J"がお届けします!

1)なぜ,ドラマゴッズと契約しようとしたのか。

実は、音を聴かないで契約したんです(爆) こんなこと、言っていいのかなあ。。だって、契約した時点でまだレコーディング中だったので、仕方ないんです!でも、今までのヌーノが生み出してきたサウンドを振り返り、悪いものが出来てくるはずはないという、妙に確信めいたものはありました。

僕は中学生の時にEXTREMEを聴いて初めてヌーノを知ったんです、"Decadance Dance"とか"More Than Words"、あの辺ですよ。眠そうな目はしてるけど目が覚めるようなプレイだね、って印象でした。アハハ。まだガキンチョだったんで、失礼な感想ですよね、ホントに(笑)

で、僕はそれからビクターに入社して今の部署に来てから「ヌーノが新しいバンドをやるから、その契約の話が来ている」という話を聞いて、やりましょうと。悩むことはなかったですよ。まさかまさかヌーノと一緒に仕事することになるなんて、EXTREMEに出合った頃の僕は想像もつくわけないですけど、まあ、そんな経緯でした。


2)ヌーノの第一印象

彼と初めて会ったのは、まだ契約がまとまる前の、2004年10月、Steve Lukatherとヌーノがブルーノートで共演した時でした。楽屋に行った時は、そりゃ緊張しましたね。先述の通り、中学生の時聴いていたようなミュージシャンに会うわけですから。まあ、その時は契約もまとまっていなくて、ヌーノも多分「誰だ、こいつ?」程度しか思わなかったと思いますよ(笑) 
僕の印象と言えば、「ああ、やっぱり眠そうだなぁ」「ああ、意外と小さいんだなぁ」「ああ、でもものすごくカッコいいわ、この人」という3つでしょうか(もう、このブログに嘘はありませんから/笑)

ちなみに、生で演奏を見たのは「ギター・ウォーズ」が初めてだったんです。文句なしにカッコ
よくてギターもハンパなくてしかもゲイリーまで一緒にプレイしちゃって、訳も分からず感動した覚えがありました、そういえば。


※写真は、2月6日クラブクアトロでのライヴより。"Megaton"演奏時に力コブを作るヌーノです
f0053118_1114519.jpg




※ちなみに、ずーーーーっと前にブログでクイズを出したのを担当者自らすっかり放置してしまいました、すみません。。色々な解答、ありがとうございました。その答えは、
「ゴミ箱」
でした!!正解した方々、おめでとうございます!!


ビクター担当"3J"
[PR]
by dramagods | 2006-03-22 11:02 | 来日密着!

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム