ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ


ex.EXTREMEの鬼才、ヌーノ・ベッテンコートによる新バンド。 2003年のPOPULATION 1名義でのツアーに参加したメンバーを中心に結成された4人組DramaGods=ドラマゴッズ。

メンバー
Nuno Bettencourt (Vo, Gu)
Joe Pessia(Ba)
Steve Ferlazzo(Key)
Kevin Figueiredo(Ds)

アーティストデータ
オフィシャルページ


DramaGods 1st Album
『Love』
VICP-63136
発売日:2005/12/16
ヌーノ本人による全曲解説は
コチラ

 インフォメーション
 来日密着!
最新のコメント
青春時代を取り戻せました..
by 空港の仕事 at 02:39
“LOVE”・・・最後は..
by mb at 13:04
LOVEの次は?ずっと待..
by nano at 20:16
スタッフのみなさん、ご苦..
by mb at 14:58
WE LOVE LO..
by hayaisako at 09:44
最新のトラックバック
Always Let M..
from 1-kakaku.com
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
Dragon Ash /..
from なんとなくやる
アウトドアギターを紹介さ..
from アウトドアギターの地球弾き語り
以前の記事
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧
これからのDramaGods! ケヴィン編
Sフォー: あなたのこれからの目標は何ですか?

ケヴィン:僕の将来の目標は…ベスト・ドラマー・ボーイになること! <すごく照れくさそうに笑って—それがまたかわいい!> なーんて、そんなの存在しないよ(笑)。ともかくベストを尽くすだけさ。しっかりとしたキャリアを確立したいね。他のアーチストとセッションやったり、スタジオ・プロジェクトをやったり、いろいろチャレンジして行きたい。
[PR]
by dramagods | 2006-03-12 08:12 | インタビュー
これからのDramaGods! スティーブ編
Sフォー:これからのDramaGodsは、どうなっていくと思います?

スティーブ:僕もバンドのメンバーもみんな、どこまでできるかとことん突き詰めたいと思っているよ。曲作り、アルバム作り、ライブで、お互いの個性を引き出し合い、取り混ぜて熟成させるのに、外面的にも内面的にも、相当多くの時間を費やした。だからこそ、アルバムを聴いてくれる人たちにそのことを感じて取って欲しいし、できるだけ多くの人たちの魂に触れたいと思っている。日本でもヨーロッパでもアメリカでも、世界中どこでも聞いてくる人たちに対してそう思っている。

Sフォー:それはスティーブにとっての目標にもつながりますか?

スティーブ:そうだね!もちろんみんな個々の目標はあるけど、バンドとしては俺たち一人一人がバンドの代表で、一つのユニットだ。一つの声で話す。各メンバー、バンド外でそれぞれプロジェクトを持っているけど、主な焦点はこのDramaGodsなんだ。
[PR]
by dramagods | 2006-03-11 08:14 | インタビュー
DramaGodsからDramaLogのみんなへ
f0053118_10303188.jpg
(Photo: Yuki Kuroyanagi)

ヌーノ:なんて言えばいいんだろう・・・。とにかくみんなにすごく感謝している!
DramaGodsとして、この2年半の間、メンバーみんなで力を出し合った集大成だと思っている。それぐらい今回のアルバムは僕らにとって特別な意味をなしているんだ。もう、みんなもそれは分かってくれてると思う。僕らの音楽もファッションも、ごく自然なプロセスで発展してきたと思う。このアルバム『LOVE』はただリリースして、簡単に棄てられたくない。本当にみんなの汗と涙と血の結晶で、魂が込められているから・・・。14曲はただここに放り込まれただけではなく、音楽的にも個人的にもとても重要な意味を持つんだ。今、僕らがやれるだけのことをやって、できるだけ多くの人たちの魂に届くまでは、1年でも1年半でも時間がかかろうとも、次のアルバムに行きたくないと思っている。
だからそのために、君達"DramaLog"のみんなが、この場所を使ってくれたり、どんな形であれ、サポートしてくれて、このアルバムを広げてくれたら、この上もなくありがたいと思っています。いつも、多くの書き込み、サポート有り難う! 本当に感謝してます!

スティーブ:もう一つ付け加えると、『ラヴ』 愛を広めてください!

ヌーノ:DramaGod、愛を広げる− すごくいいな。そうなりたいと思っている。
[PR]
by dramagods | 2006-03-10 10:09 | インタビュー
みんなの質問に、DramaGodsが答える! その13 バンド編

ジョー:ごめん。まだよく知らないんだ。でも、できれば次の来日の時のオフかプライベートで来て、クラブなどで日本のバンドをじっくり聴きたいと思っているんだ。

スティーブ:日本のアーティストで確か何人かすごく気に入っている人たちがいて、CDも持っているけど、今すぐ名前が言えないのがすごく残念だ。前回の来日で一緒にジャムをやった女性アーティスト、名前がどうしても思い出せない…うう。

ケヴィン:正直言って、まだ日本のミュージック・シーンについてよく知らないんだ。まだ2回目の来日で、1回目は大掛かりなツアーで各都市を回った後に帰国し、オフの時間がなかったし。それから今回だろ〜(笑)。でもアメリカに帰ったら、日本のCDを購入してじっくり聴きたい。とても興味があるしね。日本語でどのようにメロディー歌われているかなども研究したいし。日本語はとても興味深い言語だと思うから、そこのところをよく聴きたい。すごくクールだと思うよ。
[PR]
by dramagods | 2006-03-09 06:32 | インタビュー
みんなの質問に、DramaGodsが答える! その13 ヌーノ編
くるーりさんからの質問:
メンバーのみなさんに質問です!!日本人アーティストで好きなアーティストはいますか?

ヌーノ:ジャンヌ・ダルク。いつかジョイントでショーをやらないかって、youと話をしていたんだ。<対談しました。詳しくは露出情報にて>僕は純粋に日本のオーディエンス(日本のバンドのファン)の前でプレイしたい。なんなら、武道館でやる時に前座で使ってくれないかと話したよ(笑)。日本のバンドと一緒にツアーをしてみたいんだ。日本中をまわりたいんだ!!
[PR]
by dramagods | 2006-03-08 09:36 | インタビュー
みんなの質問に、DramaGodsが答える! その12 ケヴィン編

ケヴィン:う〜ん。沢山CD買ってるよ。最近はソウルやファンクのものをよく聴いている。もちろん、Led Zeppelin (レッド・ツェッペリン)が僕の大大好きなバンド。相当聴き込んでいるね。それ以外に70年代のファンクもたくさん聴いている。例えば、Meshell Ndegeocello(ミシェル・ンデゲオチェロ), Nikka Costa(ニッカ・コスタ), Tower of Power(タワー・オブ・パワー), Parliament(パーラメント )など。DramaGodsの音楽にもその影響があると思う。でも、これらに限らずグルーヴが豊かで、情緒がよく感じられる音楽なら何でも聴くよ。

Sフォー★コメント
[PR]
by dramagods | 2006-03-07 07:49 | インタビュー
みんなの質問に、DramaGodsが答える! その12 スティーブ編

スティーブ:最近のバンドでは、Foo Fighters (フー・ファイターズ)、Audioslave (オーディオ・スレイブ)、そしてMew(ミュー)、多分ジョーや他のみんなも好きだと思う。Radiohead(レディオ・ヘッド)、Death Cab For Cutie(デス・キャブ・フォー・キューティー)、Kasabian (カサビアン)、Kaiser Chiefs(カイザー・チーフス)だっけ?、新しいバンドで日本ではあまり知られていないかもしれないけど。そうだ、MUSE(ミューズ)も!すごくヘビーなバンドでトリオなのだけど、興味深いのは、ギタリスト兼キーボードプレーヤーが実際全部キーボード・ピアノで作曲して、その一部をギターに変換しているんだ。ギタリストなんだけど、クラシックピアノの訓練も受けている。
DramaGodsとMUSEはサウンド的に似ているわけではないけど、キーボードからの観点で見るとキーボードが多いのは共通しているね。最後に言っておきたいバンドはAir(エアー)。フランスからのバンドで大好きさ。
[PR]
by dramagods | 2006-03-06 08:14 | インタビュー
みんなの質問に、DramaGodsが答える! その12 ジョー編

ジョー:必ずしも最近のバンドばかり聴いているわけではないよ。
大好きなバンドは Jellyfish (ジェリーフィッシュ)。それから前にも話して、みんながよく知っている通り、The Beatls(ビートルズ)とQueen(クイーン)。実は、Butch Walker(ブッチ・ウォーカー)の大ファンなんだ。それから、Mew(ミュー)かな。。。。基本的にバンドのみんなも色々な音楽をオープンに聴いていて、色んなのものをチェックしているよ。会ったときは、「このアルバム良かったよ」とか「このバンド良かったよ」っていいながら、情報交換したりしてね。個人が気に入っている曲をみんなと共有するは楽しいもんだよ。もちろん、合わないものもあるけどね。その時は「え〜!これイマイチ!」とか言ったりして、討論する時もあるよ・・(笑)。でも、それが楽しかったりするんだ。
[PR]
by dramagods | 2006-03-05 09:28 | インタビュー
みんなの質問に、DramaGodsが答える! その12 ヌーノ編
asamiさんからの質問:
メンバー全員に質問です!自分のバンド以外で最近よく聴くバンドや気になるバンド最近買ったCDなどありましたら教えて下さい!!

f0053118_1575410.jpg
ヌーノ:この一年くらい、MUSE(ミューズ)に惚れ込んでよく聞いているよ。今日もホテルで聞いていたんだ。CDは、2枚とも持っているけど特に新しい方がお気に入りかな。
僕の持っている5連のCDプレイヤーには、ミューズのが2枚、新しいバンド、Death Cab for Cutie(デス・キャブ・フォー・キューティー)の新譜と、Camille(カミール)というフランス人の女の子の『ル・フィール』というアルバム、あとPaco De Lucia(パコ・デルシア)が入っている。う〜ん、パコもよく聞いているなぁ〜。もちろん、DGもチェンジャーに入っているけどね。パコのやつは、好きな曲を集めてコンピレーションを自分で作ったんだ。自分のお気に入りの選曲でね。

(Photo: Yuki Kuroyanagi)

(ヌーノのノートパソコンにも音楽がぎっしり、ヌーノは「この曲だよ! いいよね〜」っと言って写真撮影中はMUSEを流しておりました。)by Sフォー★
[PR]
by dramagods | 2006-03-04 14:23 | インタビュー
スティーブが語る DramaGods! その2
Sフォー:あなたから見た、他のメンバーについて教えて下さい。

スティーブ:そうだな〜。いい意味で、一人一人メンバーとの関係は少しずつ違っていると思う。ヌーノとの関係は、ギターとキーボードとの交流ってことで、すごく影響受けているね。すごく、たくさんの絡みがあるし、お互いのソロも多い。例えば一方が前半にソロをやって、もう一方が後半にソロをやるとか。また、ヴォーカルも全部二人でやっているしね。だから特別な関係が生じるんだと思う。アルバムでもステージでも、がっちりと組んで息がぴったり合わないとね。感じているものとか・・・。
ケヴィンのエネルギーがすごく好きだよ。本当に素晴らしいドラマーで、バンドの外でも強い友情で結ばれている。一緒にポーカーやトランプをやったり、タバコ吸ったり…ジョーもヌーノも普段は吸わないからね。そういう意味で強い絆があるね(笑)。
ジョーと僕は、最近、特に絆を強めたと思う。特にユーモアのセンスが共通していて、お互いにジョークを飛ばしあっているよ。お互いの服を褒めたり(イヤミでね〜)、髪型とかさ・・・(笑)。そう、みんな大好きさ。本当にいいやつらだよ。

Sフォー★コメント
[PR]
by dramagods | 2006-03-03 08:03 | インタビュー

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム