ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ


ex.EXTREMEの鬼才、ヌーノ・ベッテンコートによる新バンド。 2003年のPOPULATION 1名義でのツアーに参加したメンバーを中心に結成された4人組DramaGods=ドラマゴッズ。

メンバー
Nuno Bettencourt (Vo, Gu)
Joe Pessia(Ba)
Steve Ferlazzo(Key)
Kevin Figueiredo(Ds)

アーティストデータ
オフィシャルページ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

DramaGods 1st Album
『Love』
VICP-63136
発売日:2005/12/16
ヌーノ本人による全曲解説は
コチラ

 インフォメーション
 来日密着!


<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ライブの当日にする事は?
みなさん、こんにちは。
間もなく、夏がやってきます。そこで、みなさんにまたまた質問があります。

1)あなたが、ライブの当日に必ずする事はなんですか?
(願掛けとか、朝は和食とか、歌詞のチェックとかetc....)

2)あなたが、ライブに必ず身につけるもの、あるいは、持って行くものはなんですか?
(勝負服とか、勝負パンツ(?)とか、アクセサリー、タオルとかetc...)、

3)ウドーフェスで絶対聴きたい曲を1曲リクエストするのであればどの曲ですか?
   (エクストリーム、ソロ、過去にやったカバー曲も含む)

じゃんじゃん、書き込んで下さいね。お待ちしています〜。

by Sフォー★
[PR]
by dramagods | 2006-05-31 01:42 | 雑談
ビデオコメントのメッセージ
かれんさん、他、ビデオコメントが観れない皆様へ
こちらが、そのコメントです。

前回のコメント(4/29分)
ケビン・フィッグ(本当はSteve)、ジョー・ペッシア(本当はNuno)、スティーブ・フェラーゾ(本当はKevin)、そして僕もスティーブ・フェラーゾ(本当はJoe)
N:なぜか僕らみんなスティーブ・フェラーゾだ(笑)。 ジョー、続きは?
J:ライブに来てくれたファンのみんなにとにかくお礼を言いたい。有難う!すごく楽しかった。次回戻ってくるのが待ち遠しいよ。
K:この次会おう!
N:Awesome(最高)!(君らは)スペシャルだ~愛しているぜ!
S:Spread the Love!(「ラヴ」を広げよう)
N:Spread the Love!(歌い始める)Where is the love~♪(1972年ヒット曲Roberta Flack and Donny Hathaway)
(解説)
自己紹介の際に、違うメンバーの名前を語っています。( )に入ってるのがその本人です。完全なアドリブで私も吹き出してしまう程でした。和気あいあいな雰囲気がこのメントからも伝わりますよね〜。

ではでは、今回のコメント(5/25分)
ジョー、ケビン・フィッグ、スティーブ・フェラーゾ(本当はNuno)、そしてヌーノ・ベッテンコート(本当はSteve)
K:(手を叩き、ウケている!)
S:DRAMALOGアクセスしてくれるみんなに、もうすぐ来日するよ。
N:近々、会おう!!
K:アイル・ビー・バック!!
J:(笑)

いかがでしたか? 映像は観れなくても雰囲気は伝わりましたでしょうか?
要望を書いて下さって有り難うございます〜(喜)。こういう要望は大歓迎ですよ!
逆に観れなくってごめんなさいね。      by Sフォー★
[PR]
by dramagods | 2006-05-29 08:33 | インフォメーション
本日発売 『Men's DramaGods 6月号』
みなさん、こんにちは。お元気ですか? Sフォー★です。
このブログでの情報を待っていてくれているみなさん、いつも有り難うございます。
また、確実な情報の発表が遅れてしまっててごめんなさい。
でもでも、ご心配なく。間もなく、情報が出せると思います。
そして、ご好評につき第2弾『Men's DramaGods6月号』発行しちゃいました(笑)。
楽しんで下さいね。また、6月号の感想もお待ちしております。

f0053118_15155932.jpg
f0053118_15161162.jpg
f0053118_1516229.jpg
f0053118_15163252.jpg

(Photo: Yuki Kuroyanagi)

さてさて、私の方の動きは、みなさんから頂いた契約書の英文が完成しました。
来週にはメンバーに届きます。(書いてくれたみなさん、お楽しみに)
また、ご好評いただいている中村美夏さん、その他の関係者との対談も続投しますよ〜。
また、私Sフォー★は、最近の自分の動きを反省し m(_ _)m 、夏フェスに向かって気を引き締め直し、これからも、みなさんとDGを繋げれるDramaLogを目指します。
そして、ヌーノ&DGの来日を楽しみに待ちたいと思いますし、DG単独公演実現に向けてもうひと頑張りします。これからも、みなさんとどんどんこの場で会話していきたいと思います。今、どんな心境なのか? 又、スタッフに対する質問等々、みなさんからの書き込みをお待ちしております。もちろん、祝!来日企画も考えておりますのでお楽しみに!
これからも、応援ヨロシクお願いします。

by Sフォー★
[PR]
by dramagods | 2006-05-27 15:32 | お礼!
ビデオコメント第2弾!
みなさん、お待たせしました!DramaGodsのメンバーからのビデオコメント第二弾の公開です!
今回も前回同様、DramaGodsならではのユーモアにあふれたコメントです!


ビデオコメントを見る


by エキサイト担当"TO"
[PR]
by dramagods | 2006-05-25 11:03 | インフォメーション
関係者から見たDramaGods その5の2
Sフォー:昔を振り返って、ヌーノの変化はどうですか?

中村さん:昔のヌーノって、取材泣かせというか、そう言われてたりしていましたから・・・。
今回の来日の取材の中で、当時の自分達が急にあまりにも売れちゃったので、半信半疑というか、周りに対して疑いの目で見ていたと話していました。
きっと、チヤホヤされる事に、当時のヌーノは居心地が悪かったんでしょう。
壁を作ってしまっていて、素直になれなかったんじゃないかなって思います。
だから、今の彼が本当の彼なんだと思います。ほんと、昔の印象と違いますよ(笑)。

Sフォー:中村さんからみて、DramaGodsになって良かったと思うところは?

中村:バンドとして成り立っている事は大きいですね。彼にとって一番気心が知れている仲間とやっているので、何よりもヌーノが楽しそう!て見ていて思います。
今回のクワトロのライブで、喉の調子が悪くて、それは不摂生ではなく、クアトロで頑張りすぎちゃって、歌いすぎちゃって、その後、辛そうだったんだけど、周りがすごくヌーノをフォローしてて、笑わせたり気持ちをほぐしたりしていました。前回のポピュレイション1 来日の時にも同じメンバーだったんですけど、ヌーノのソロのプロジェクトだったので、取材も彼一人だったりして、でも、今回は全員での取材で、もちろん、圧倒的にヌーノが話すんですが(笑)、3人がいる事によって、掛け合いやったりジョークを飛ばしたりすることが、ヌーノにとってすごくプラスになってると思いますね。メンバーもサポートで人の曲をやるのと、自分達で作ってアルバムを完成させたというのは、他の3人にとってもすごく良かった事だと思います。今までも数多くのバンドを見てきましたが「1つのものを作ってるんだ!」って気持ちになったとき、バンドはうまく行くんですよ。まさしく、いまのDramaGodsがそうなんだと思いますね。事実、しゃぶしゃぶの時、ケウ゛ィンがタバコを吸うのに外に出て、私もほっとけないのでついて出て「どう楽しい?」って聞いたら「僕はね、長い間、ドラム叩いてるけど、取材って言うのを体験したのは生まれて始めてだったんだ。僕たち3人も慣れていないから戸惑う事もあるけど、ヌーノがいてくれるから安心だし、なによりすごく楽しいよ。ヌーノはずっとこういうのをやって来たんだなぁ~って。」って。
[PR]
by dramagods | 2006-05-22 13:04
関係者から見たDramaGods その5の1
今回は、中村美夏さんにヌーノとの出会いからDramaGodsに至るまでを聞いてみました。身近にいた中村さんだからこそ言える話など・・。ヌーノの人物像が解るブログは他に無いでしょう~!(笑) Sフォー★

Sフォー:最初にヌーノにあったのはいつですか?その時の印象は?

中村さん:一番最初に会ったのはエクストリームの時です。それは、雑誌の取材での通訳を頼まれて、メンバー全員いるという事で部屋に入ったんですけど、ヌーノだけが寝ていたんです。それは、鮮明に覚えていますね。「なんじゃ、こいつ・・」みたいな感じで。他の3人は「やぁ~!」って迎えてくれたんですが、ヌーノだけがソファに横になって寝ていました。(笑)寝ているといっても熟睡ですか?て感じでしたね。でも、その前も取材が入っていたから、「その間どうしていたんだろう」て気になって。で、インタビューが始まったらモソ~っと起きて来て・・・でも喋らなかったですね。それが、始めての出会いです。だから、第一印象は最悪でした(笑)
それから、ちゃんと会ったのは、モーニング・ウィドウズの2枚目の時で横浜のBAYホールのときです。それで、彼の通訳として就いたのはポピュレイション1 からです。このライブがすごく良かったですね。それを見て、この人はすごい才能があるんだなと改めて再認識しました。実際接してみると、人間的にも優しい人だし、情熱的な人だし、自分のやっていることに真剣で、自分の信じている事には一生懸命な人ですね。いい意味で他人に任せられない人ですが・・、でも周りもそれを求めているんだと思いますね。そのライブから、本当にいい関係でのお仕事をさせて頂いています。
[PR]
by dramagods | 2006-05-20 13:01
証言!! 噂のベッテンコート・タイム!
『関係者が語る、DramaGods!』 も、いよいよこの方の登場です。
ヌーノやDramaGodsの通訳と言えばこの人、また”LOVE"の歌詞の対訳もされてる中村美夏さんにお時間頂き、色々と聞いてみました。楽しい話が続々と。。。
ここからは連載でアップしていきます。

Sフォー:みなさんご存知の『ベッテンコートタイム!』について教えて下さい。

中村さん:これはすごい〜。私はおそらく、彼に待たされた時間をトータルすると、何十日分になると思いますね(笑)。私はひたすらヌーノ待ち。”ヌーノ番”と言われていますから(笑)。
今までで一番待たせたという出来事は、私の中ではギター・ウォーズでしたね。あの、ジョン・ポール・ジョーンズを待たせたと言う・・・。しかも、何度も。。最初の頃は、ジョン様も優しい人なので「待っててあげようよ〜」て言ってくれてたんですが、2回目、3回目になると「あ〜、じゃ僕たち先に行くから」って(笑)。あの神様を待たせるなんてヌーノも大物だなと。
今だに、なんで時間がかかるのか解らないんですけどね。でも、今回の来日は中々優秀でビックリしました。でも、1回は40分待たせてましたけど(苦笑)。。その後は、10分、5分の待たせですみましたね。「なんだ、やれば出来るんじゃん〜」て心の中で思いました。ちなみに、本人もベッテンコート・タイムって知っていますよ。
[PR]
by dramagods | 2006-05-16 09:37
有難うございました!
契約書に多くの方がサインして下さり有難うございました。
みなさんの気持ちがダイレクトに伝わるよう
この契約書を、英文に変えてちゃんとメンバーにお届けしますね。

また、来日についての情報も随時アップしていきますのでお楽しみに!
来日を待つみなさんの今の心境なども教えて下さい。
関係者からの証言も続々アップしていきますね。
よろしくお願いします。   

by Sフォー★
[PR]
by dramagods | 2006-05-15 09:38 | お礼!
完全保存版! エキサイト発 『Men's DramaGods 5月号』
お待たせしました!
エキサイト発 『Men's DramaGods 5月号』本日解禁!(笑)
前回の畔柳ユキさんの証言にありました、噂のショットがこちらです。
トイレで撮ったと思えないこのショット。YUKIさんならではのアイデアですね。
完全保存版(笑)ですので、個人でお楽しみ下さい。
<ちなみに、トイレはもちろんレディース・ルームです。エヘヘ。 )
f0053118_9505110.jpg

f0053118_9515553.jpg
f0053118_9521639.jpg
f0053118_9522955.jpg

(Photo: Yuki Kuroyanagi)

PS. 契約書に多くの方がサインして頂き有り難うございます。
今週の日曜に一度区切らせて頂き、英文にしてメンバーにお届けします。
みなさんの熱い思いも一緒にお届けさせて頂きますね。  by Sフォー★
[PR]
by dramagods | 2006-05-10 09:52
関係者から見たDramaGods その4
みなさん。こんにちは〜。
関係者から見たDramaGodsのその4は、このDramaLogの取材でお願いしたROCKなフォトグラファーの畔柳ユキさんに伺いました。短い時間での撮影をテキパキとこなして頂き、DramaGodsの素敵な瞬間をファインダーに収めてくれました。さて、そのYUKIさんの証言は。。。

Sフォー: 今回の撮影でのメンバーの第一印象は?
YUKIさん(Y) : 見た目は割と普通の人達(笑)

Sフォー:ヌーノ&DGの撮影の時に心がけられた所は?
Y : 心がける前にあまり時間がなくばたばただったので、こなすことを考えてました。(笑)

Sフォー:被写体としての彼らはどうですか?
Y: ロックに厳禁なデブ、ハゲがいなく全員スラーっと見栄えがいいので、撮りやすいです(笑)注文があるとすれば、私の撮影の時、ひとりだけスタイリストつけた方がいいラフすぎる着こなしの人がいたので、その点くらいかな(笑) ヌーノがかなりお洒落な分「差」がついちゃうので。今回某ビルのトイレの中で撮影したんだけど、ガラスを通過する光がすてきでここを選んだんだけど、みんな気にいってて、「お、いいねぇ」という感じでポーズをとってくれました。全員外と撮影好きかも。
<この、トイレで撮ったと思えない完全保存版の写真は後ほどアップします。お楽しみに!>

続きを読む!
[PR]
by dramagods | 2006-05-08 08:16 | インタビュー

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム