ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ


ex.EXTREMEの鬼才、ヌーノ・ベッテンコートによる新バンド。 2003年のPOPULATION 1名義でのツアーに参加したメンバーを中心に結成された4人組DramaGods=ドラマゴッズ。

メンバー
Nuno Bettencourt (Vo, Gu)
Joe Pessia(Ba)
Steve Ferlazzo(Key)
Kevin Figueiredo(Ds)

アーティストデータ
オフィシャルページ

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

DramaGods 1st Album
『Love』
VICP-63136
発売日:2005/12/16
ヌーノ本人による全曲解説は
コチラ

 インフォメーション
 来日密着!
最新のコメント
青春時代を取り戻せました..
by 空港の仕事 at 02:39
“LOVE”・・・最後は..
by mb at 13:04
LOVEの次は?ずっと待..
by nano at 20:16
スタッフのみなさん、ご苦..
by mb at 14:58
WE LOVE LO..
by hayaisako at 09:44
最新のトラックバック
Always Let M..
from 1-kakaku.com
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
ヌーノベッテンコートのD..
from qooby
Dragon Ash /..
from なんとなくやる
アウトドアギターを紹介さ..
from アウトドアギターの地球弾き語り
以前の記事
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
『Love』来日記念盤、発売延期のお知らせ
皆さん、こんにちは!いつもこのブログを楽しみにしてくださって、ありがとうございます。その中で、今日は少々辛いお話から。。アナウンスしてきました『Love』の来日記念盤ですが、正式に発売延期未定となる事が決定しました。

楽しみにしてくださっていた皆さんにこのようなお知らせをする、そしてそのお知らせをするまでにこうして皆さんをお待たせしてしまった事は非常に心苦しいのですが、皆様に最良のものをお届けするための決定であること、ご理解くださればと思います。

今回の記念盤には新たにDVDを加えた形で発売する予定でした。そしてそのために、"Interface"を新たなリード・トラックとして選び、ビデオを制作する予定となっておりました。この制作状況及びUDO MUSIC FESTIVAL 2006での来日に間に合うかどうか、という所で判断を迫られていたわけですが、最終的にはその来日のタイミングに制作が間に合わない、と言う判断が下され、このような「延期未定」という状況となっております。

この商品形態に関しまして様々な意見が交わされたこと、有り難く思っております。商品にまつわる皆さんの忌憚ない意見を伺えることは大変貴重な機会です。そういった意見を参考に、皆さんにDramaGodsの魅力を更に伝えていくべく、尽力してまいりますので!

これからも、よろしくお願いします!

ビクター担当 "3J"
[PR]
by dramagods | 2006-06-12 19:45 | インフォメーション
ヌーノのユーモアセンスのレベルは?
みなさん、こんにちは。
今日は、ヌーノのユーモアセンスについて話しましょう。
お茶目な、いたずら好きヌーノ様。前回の来日でも、留まる事もなく発揮しておりました。
例えば、私なんかは写真撮影をしていた時(サウンド・チェックの時)、ギターを弾いているヌーノのアップを撮ろうと思って、ステージ前まで行ったんですよ。そしてカメラを向け1枚パシャ!そしたら、カメラの前に手を出し、スゴイ剣幕でいきなり『NO!』と叫び、演奏を中断したヌーノ。すかさず「ソ〜リィ〜」と言ったのですが、沈黙が続いて、「ヤ・ヤバイ・・・、どうしよう〜。怒らせちゃった・・・」と思い、パニック状態のまま何が起きたか分からない私を見てメンバーがいきなり笑い出し、ヌーノが「フフッ(鼻で笑うかの様に)、ジョークだよ。」って。。。。「???・・・」と、私はしばらく硬直し笑えませんでした。(その後、「あれはヌーノ流歓迎ジョークだからね。気にしないでね。」とジョーになだめられました。)それを、中村美夏さんに話したところ↓

『洗礼を受けたんだね(笑)。まあ、相変わらず冗談はきついですからね〜。お茶目ないたずら好きなので、私が言うのも変ですが、仲良くさせて頂いているのも、彼のそう言ったユーモアが分かるからかも知れませんね。多分、ユーモアのレベルが近いんでしょうね(笑)。なんか、世界的にもヌーノのジョークを分かってくれる人が少ないらしく、「何、言ってるんだ、こいつ!」見たいな顔で見られているらしいんですよね。彼のインタビューやステージでのやり取りとでも、どこまでが冗談でどこまでが本気かの見極めが難しいんですよ。たまに、こっちが真剣に訳していると、最後に「今の冗談だからね〜」って、勝ち誇ったような笑いをするときがあったり、その逆もあったりと。だから、慣れないと難しいですよ。真面目な時は真面目にきちんと伝えてあげたいですからね〜』

結局、話は止まらず、この後、「ヌーノの言葉を訳すとき・・」に流れて行きました。
この話は、次回にアップします。お楽しみにね!

by Sフォー★
[PR]
by dramagods | 2006-06-10 16:49 | 雑談
ヌーノがうどん(天ぷら)にハマった日
みなさん、こんにちは。
ご好評頂いている関係者証言。今回も中村美夏さんに話を聞きました。
タイトルは、「ヌーノが天ぷらうどんに開眼した日。」


あれは、スティーブ・ルカサーとのブルーノートの時。ご飯食べに行こうって事で、スティーブが「なんか汁物がいい」。でもヌーノは「ラーメンは嫌だ!」ってことで、「じゃあ、日本そばかうどん?」て言ったら、ヌーノが『ああ!うどん!!』てことで、ホテルの近くの昔からある老舗のそば屋に入りました。もちろん、うどんはそれまでにも食べてたことがあると思いますが、そこで、天ぷらうどんの天ぷら別というワザを覚えたんですね〜(笑)。天ぷらが中に入ってるとふにゃふにゃになるよねって話になって、ヌーノが「これって別にオーダー出来るの?」って聞いてきたので、「みんな普通にやっているよ」って答えたら、「あ〜、それがいいや!!」ってことで、天ぷらを更に追加オーダーして嬉しそうに食べていました。この時に、天ぷら+うどんに開眼したと思いますね。この日から、日本に来たら「うどん!」という回数が増えました。(談:中村美夏さん)


う〜ん。これを書いてる間にも、天ぷらうどんが食べたくなりましたぁ〜。
今日のランチは・・・うどんにしようかなぁ〜(笑)。
お肉類を食べないヌーノ。でもお魚はOK。天ぷら大好きです。確かに、前回の来日でもライブの終わった後、「何食べに行く?」と英語。その時にヌーノは「うどん!」って大声で答えていました。その「うどん!」という日本語が耳に入ってくるので、後片付けをしていた会場のスタッフは「??? 今、ヌーノがうどんって言わなかったか?」とヒソヒソ話しているのを聞いて、クックックと笑うしかない私でした。さて、この夏、ヌーノはどこで天ぷらうどんを食べるのでしょうか〜。大阪のうどんもおいしいしね。

by Sフォー★
[PR]
by dramagods | 2006-06-06 10:18 | 雑談
"LOVE"
みなさん、こんにちは。いよいよ6月になりました。
6月と言えば、ワールド・カップですね。
日本の活躍も気になりますが、ヌーノが『優勝間違いない!』と言っていたポルトガルはどうなるのでしょうか?それも、気になります(笑)。

また、3Jさんの投稿にありました、6月発売予定のCD+DVDの"LOVE"について、今、現段階での情報が入ってきました。
『今の所、発売することにかわりはないのですが、発売日を調整しています。ご迷惑をかけて申し訳ございません。決まり次第、このブログにて発表します。ビクター担当3Jより 』とのことです。正直申して「待って下さい!」というのが多くて心苦しいです。が・・・。
もうしばらく、待ってて下さいね。m(_ _)m

さて、話は変わって、私はこの"LOVE"のジャケットが好きです。
ヌーノのコメントに「手をつないでいるのはLOVEのポジティブな面の象徴で、手錠はLOVEのダークな面の象徴。愛は、人と縛る愛もあれば自由にさせる場合も・・。」とされている、このジャケットが好きです。
じつは、私自身も手をつなぐのが好きなんですね〜。(笑)
なんか、その相手が素直に感じられると思いませんか?
というか、感じたいんですよね。
安心感もあるし。。。エヘヘ。。。手フェチなんで(笑)
で、この男の人、じつはメンバーの誰かなのだそうですよ。
この雰囲気、このジーンズ、このベルト。。。。さて、誰なんでしょう〜?(笑)

by Sフォー★
[PR]
by dramagods | 2006-06-02 20:55 | インフォメーション

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム